母乳の栄養

お母さんの母乳にはたくさんの栄養が含まれており、母乳によって赤ちゃんは成長していきます。
ですが母乳の成分も徐々に変化していき、赤ちゃんも離乳食が始まります。

 

フォローアップミルクも上手に活用!

そうすると母乳だけでは不足する栄養素が出てきます。そこでフォローアップミルクをうまく使い、足りない栄養素を補ってあげましょう。

 

母乳は赤ちゃんの成長に合わせて変化していきます。最初に出る母乳を初乳と言います。出産後、約1週間のうちに出るお乳のことで、赤ちゃんをさまざまな病気から守る免疫力がたっぷりと入っています。

 

母乳にはラクトフェリンというたんぱく質や鉄分、カルシウムなど色々な栄養成分は含まれていますが、とても重要な栄養成分であるビタミンKが不足気味であるため、ビタミンKシロップを別に与えます。
生後間もない赤ちゃんに起こりやすい頭蓋内出欠を防止し、ビタミンK欠乏症を防ぐためです。

 

フォローアップミルクの必要性

約6ケ月頃になると離乳食を始めます。その後離乳食の回数や量を少しづつ増やし、母乳を減らしていきますが、栄養不足の可能性が出てきます。

 

特に鉄分の不足は離乳食ではなかなか補いきれないものです。そのためその栄養分を補うため、9ケ月頃からフォローアップミルクという栄養補助用のミルクを使用する場合があります。
通常のミルクと違いあくまで栄養補助的な役割です。

 

栄養バランスに優れており、赤ちゃんの便秘解消効果のあるオリゴ糖や脳の発達に効果的なDHAなどが含まれているものもあります。
牛乳でも代用は出来ますが、牛乳のたんぱく質に対応できない場合があるため、満1歳未満の赤ちゃんには牛乳は飲ませない方が良いでしょう。

 

フォローアップミルクの選び方

母乳の栄養とフォローアップミルク

フォローアップミルクは栄養バンランスも最適であり、足りない栄養素を補充するにはもってこいのアイテムです。通常の粉ミルクに比べると安価とはいえ、決して安いものではありません。値段と相談し選ぶのもひとつの選択だとは思いますが、やはしその商品の安全性や含まれる栄養素はとても大切なものです。

 

メーカーにより配合されている栄養成分が違います。メーカーによってDHAや鉄、ヌクレオチド、オリゴ糖、カルシウム、また母乳にも含まれるラクトフェリンなどさまざまです。

 

どのような栄養素が多く含まれているか検討し選ぶのも良いでしょう。

フォローアップミルクを与えすぎると離乳食を食べなくなったり虫歯になったりする場合もあります。
与える量はきちんと守ってください。

カテゴリートップに戻る

関連ページ

妊活中・妊娠前に摂りたい栄養
妊活中、妊娠前にしっかりと摂取しておきたい栄養ってどんなものがあると思いますか?葉酸は言わずとしれず…ですがその他にもあるんですよ!
妊娠中に摂るべき栄養
妊娠中はつわりの影響もあって食べられないものも増えますが、そんな中でも摂っておくべき栄養があるんです。
授乳中・子育て中に摂りたい栄養
授乳中のママの食事は、お乳を飲む赤ちゃんのためにも大切です。この期間にしっかり摂りたい栄養はなんでしょう?ご参考にどうぞ!
ママ達の妊娠・出産体験談
妊娠中に気をつけたいこと
妊娠すると、まず安静にしないといけないという考えが多いようですが・・・かんな
>> 続きはこちら
妊娠中の体重増加に気を付ける!
妊娠すると多くの妊婦さんが気にするのが「体重増加」ですよね・・・怪獣たちのママ
>> 続きはこちら
赤ちゃんとの一日一日を楽しんで
初めての妊娠は誰でも不安に思うもの。私もそんな一人でした。・・・sukoshi
>> 続きはこちら
過ぎてみればあっという間の妊娠期間
妊娠期間は、体調や体型、そして精神的な変化も著しく、不安に・・・ロシアン
>> 続きはこちら
初めての出産で不安だったけど
私が妊娠を知ったのは12月24日の丁度クリスマスイブのこと・・・ナンシー
>> 続きはこちら
母乳だけで育てた方が良いの?フォローアップミルクってどうなの?そんな疑問に答えています♪
page top